プロミス増額審査

プロミス増額審査

「プロミス」で最初に契約する時、年収や勤続年数などの個人情報や信用情報機関の個人情報から審査で、上限額が決められています。

 

上限額が決まると、その範囲内であれば何度でも借入する事が出来るので便利なシステムですが、いつの間にか最初に決められた限度額では足らなくなり「もう少し限度額を上げられないだろうか」と考えるようになります。もちろん「プロミス」でも、増額は出来るので、心配する必要はありません。

 

上限額に達した時の対処法

 

借入が限度額に達した時、それ以上の借入をする方法として

  • 増額申請をして限度額を増やしてもらう
  • 新たな借入先へ申込む

と言う方法が考えられます。

 

ただ、「新たな借入先へ申込む」方法は、デメリットがあります。
それは、

  • 借入総額は把握しにくくなる
  • 返済日が複数になる
  • 上限金利で借りる事になるので、金利が高くなる事が有る

という事になります。

 

借入れ先が増える事によって返済日も2社分で月に2回になり、常に返済のお金を用意する事と、返済日を忘れないようにしなければなりません。

 

借入総額も、「プロミスからいくら借りていて、新たなところからいくら借りていて」と2社を考えなければならなくなります。また、1ヶ所から借りる事で借入金額が大きくなると、金利が低くなる可能性があります。

 

増額すればデメリットを防げる

新たな借入先で借りるという事は、多くのデメリットがあるので、限度額を増やすには「プロミス」へ増額申請をするか、「プロミス」から増額の案内が届くのを待つか、どちらかになります。

 

「プロミス」から増額案内が届くのがベストですが、増額申請はこちらから申込む事が出来ます。ただし、増額を希望する時には「プロミス」をある程度利用している必要があります。目安としては半年以上続けて利用している必要があるので、契約してすぐと言う方は、申込をしても審査に通ることはありません。増額申請はせめて半年以上待ってから出すのが原則です。

 

また、すでに借入が有る場合(他社も含めて)その借入残高と「プロミス」で増額した後の合計金額が年収の3分の1を越えていると、増額申請は出来ないので注意が必要です。

 

増額審査はどこを見ている?

ru-pe

 

融資を申込むと、申込先の金融業者の審査を受けなければなりません。審査ではそれぞれの会社が基準を設けており、それに基づいて審査が行われます。「プロミス」の審査基準は、以下のような基準を元に審査を進める事になっているようです。

 

まずは年収、職業、勤続年数などが重要項目で、融資審査で実際に大事にされているのが年収の数値です。当然の話ですが、年収が多いほど、毎月返済に割り当てられる金額が変わりますので、年収が多ければ審査でも有利になります。ただし、年収だけで融資審査が決まるわけではなく、年収を生み出す職業もしっかり審査しています。そして、勤務先に付随する形で勤続年数が見られていて、同じ勤務先で長く勤めている人ほど審査では有利になります。

 

こうした基準はどんな融資でもお金を返す為に必要なので、「プロミス」以外を利用する場合でも重要になります。

 

通常審査と変わらない増額審査

では増額の際に改めて審査が行われるのかと言うと、初回申込時の審査で、その時の個人情報や信用情報から借入限度額を決めています。たとえば当初限度額が40万円に決まっていたとして、「増額で50万円にしてほしい」と言っても、増額で増えた事で、返済が出来なければ貸し倒れになってしまうので、増額申請があった時は、増額しても返済が続けられるかどうかを改めて審査する必要があります。

 

そのために、増額でも審査がありますが、ほとんど変わりません。ただ、重要とされる基準が少し違っているだけと言えるでしょう。

 

利用実績がポイント

増額審査は、プロミスでの利用実績が非常に重要となります。

プロミスで契約してから

  • プロミスのカードローンを半年以上定期的利用している。
  • 返済日に遅れることなく返済している
  • 繰り上げ返済などで、可能な限り早く返す努力をしている

 

と言う実績を積む事が重要で、特に、「返済遅れがある」というのは、実績以前の問題として非常に厳しくなります。返済に遅れた事が原因で増額ができないというのは、一般的に言われている「ブラック」になっている可能性があります。

 

他社借入状況も重要ポイント

増額審査は「プロミス」での借入状況や返済状況だけでなく、他社の借入状況も審査に大きく影響してきます。審査を行う時は個人の属性以外に、信用情報機関の個人情報を基に審査が行われます。個人情報には他社での利用履歴などがリアルタイムで記載されています。

 

どこの金融機関でいくら借りているとか、それらの返済に遅延が有るかどうかなど、事細かく記載されています。その個人情報の記載で、他社でも同じように延滞を起こしていたり、債務整理をしたりしている、というような事故情報が記載されていると審査に通ることはありません。

 

事故情報は5年~10年は残るので、増額申請をするためにはその記録が抹消されるのを待つしかありません。
とは言っても、債務整理をせずに、返済が数日遅れた程度であれば、大目に見てもらえる可能性もあります。

 

最終的にはプロミスの裁量に任せる事になりますので、ネット申込ではなく、電話やサービスプラザから担当者と相談しながら申込むのもひとつの方法と言えます。