増額申請のデメリット

増額申請のデメリット

9 11月, 2016

「プロミス」で現在設定されている限度額いっぱいになってきたので、増額申請を考えている方もおられると思います。確かに増額できれば、限度額も増えるので余裕のあるキャッシングが続けられると言うメリットがあります。

 
しかし、増額申請にはメリットだけでなく、デメリットもあります。増額申請をするにあたって、デメリットも知っておくことが必要です。

 

「増額申請にあり得るデメリット」

増額申請には意外とデメリットとなることがあります。デメリットと言っても、注意さえしておけば回避できることなので、デメリットと言うより注意点と考える方がよい事が多いです。ひとつは、申込みの時点から個人情報が変化している事です。

 
たとえば昇給があった、マイホームを購入したなど、ポジティブな内容の変化であれば増額にプラスの要素になります。しかし問題はネガティブな変化で、例えば、借入先が増えたとか、最近職場が変わった、給料がカットされたという事があります。

 

増額申請をした時、改めて審査が行われますが、審査で増額が認められなかった場合、今の限度額がそのままと言うわけではなく、他社で借入をしたとか、給料がカットされたという場合に限度額が下げられたり、最悪利用停止になったりすることがあります。

 

増額申請をする前に他社で借入をしていた場合も要注意で、消費者金融が融資出来るのは年収の3分の1以内となっています。

 
「プロミス」へ初めて申込をした時は、年収の3分の1以内だったのが、他社で借入をしたため、借入限度額が年収の3分の1近くまで増えていたとすると「プロミス」では現在の限度額が下がることもあります。そうならないための最も良い対処法は完済して契約解除する事ですが、最低でも他社の借入残高を減らして、限度額に余裕を持たせることが重要です。

 

最後に、近いうちに住宅ローンなどの大口融資を考えている方は要注意です。というのも、大口ローンを申込む時、返済比率をチェックします。その時、クレジットカードやキャッシングの借入が多いと、返済比率が増えるとローンが組めなくなります

 

そのためにクレジットカードの解約や、キャッシングの解約を求められることがあるので、前もってわかっている場合は、増額は控える事をおススメします。